日本の高炉鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境の変化と、原材料値決め変更などへの対応《ムーディーズの業界分析》


日本の鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境

日本の高炉メーカーを取り巻く需要環境は回復基調にあるが、牽引しているのは外需であり、内需は依然として低迷している。このように外需(輸出)が伸びた背景としては、次のような理由が考えられる。
(1)中国を中心にアジアは、金融危機の傷が浅かった。
(2)また、各国の景気刺激策(日本のエコカー減税、中国の汽車家郷など)も奏功した。
(3)このような環境下で、日系メーカーが得意とする高級鋼の需要が堅調に推移し、この需要拡大を確実にとらえていった。

今後の展開としては、外需は構造的に伸びが続くことが予想される。理由としては、アジア各国の経済成長に伴い、高級鋼需要も伸びると考えられるためである。また、主要顧客である日系自動車メーカーも生産の海外シフト(中国、インド、東南アジア等)を進めており、こういった日系企業の海外ブランド向け輸出も伸長すると見込まれる。

一方、内需は低迷が続く可能性が高い。生産の海外シフトの裏返しであるが、国内製造業の空洞化が進行しており、同時に人口減少、少子高齢化の進行で、国内の自動車需要の回復は期待しづらい状況にある。

したがって、日本の高炉鉄鋼メーカーは、母材供給先を含む販売チャネルの確保と拡大を目指す動きを強めると思われる。特にアジア地域での高級鋼需要の取り込みが企業戦略上肝要と思われ、競合他社にシェア負けしないよう、資本提携や技術提携を進めつつ、顧客の囲い込みを進めていくのではないかとみられる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング