「黒ラベル」はなぜ「スーパードライ」の後塵?

<動画>サッポロビールの戦略に物申す!

中川淳一郎(なかがわ じゅんいちろう)/ネットニュース編集者、PRプランナー。1973年、東京都生まれ。一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。2001年に退社し、雑誌のライター、「テレビブロス」編集者などを経て、現在に至る。大の「サッポロ生ビール黒ラベル」ファン。

「大人エレベーター」のテレビCMでおなじみの「サッポロ生ビール黒ラベル」。言わずと知れた、サッポロビールの看板商品だ。

この黒ラベルを愛してやまないのが、ネットニュース編集者でPRプランナーの中川淳一郎氏である。

「毎年50万~60万円をサッポロビールに投下していて、さらにサッポロの株を2000株買っちゃった」(中川氏)というほど、熱狂的なサッポロファンなのである。

なぜシェアが低いのか

しかし、サッポロのビール業界における存在感は今ひとつだ。ビールの国内シェアは、アサヒ37.6%、キリン34.8%、サントリー14.7%に対し、12.0%(2013年度実績)。大手4社のうち、最下位だ。

もともと4番手だったわけではない。サッポロは1961年以降、長らくキリンビールに次ぐ2番手に付けていた。ところが、アサヒの「スーパードライ」が大当たりし、1989年には3番手に転落。さらに2008年には「プレミアムモルツ」がヒットしたサントリーにまで逆転されてしまい、4番手に転落してしまった。

次ページサッポロ宣伝戦略の課題は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT