米GEが目指す、産業の「ネット化」とは?

自動車リースから始まる日本市場攻略

9月8日、33億ドルでスウェーデンのエレクトロラックスへの家電事業売却に合意した、米ゼネラル・エレクトリック(GE)。今年6月21日には、仏アルストムのパワー事業とグリッド事業を169億ドル(123.5億ユーロ)で買収する提案がアルストム取締役会で採択されるなど、目まぐるしく事業ポートフォリオの再編を進めている。
2014年4~6月期に売上高362億ドルを計上したGEは(7月18日発表)、約7割を製造部門、約3割を金融部門が構成している。中でも最近は買収したアルストムの事業のように、インフラビジネスを中核に位置付けている。
今、GEがそのインフラビジネスと並行して力を入れているのが、「インダストリアル・インターネット」だ。インダストリアル・インターネットとは、航空機エンジン・ガスタービン・鉄道車輌など産業機械の稼働率向上やさまざまな問題の防止・解決を目的に、それらの機械をインターネットで接続してデータを集積、分析して、傾向や特性を読み取る分野を指す。インフラビジネスとは補完関係にあるといっていい。
そんなGEが、今年6月からインダストリアル・インターネットを日本で初めて、自動車リースの車輌管理に応用した。手掛けているのは金融部門のGEキャピタルである。09年1月から日本で同部門の社長兼CEOを務める、安渕聖司氏に詳細を聞いた。

車の運行や故障の際もデータが使える

安渕聖司(やすぶち・せいじ)●1979年早稲田大学政治経済学部卒、三菱商事入社。90年米ハーバード・ビジネススクールMBA修了。99年米投資ファンド・リップルウッドの日本法人立ち上げに参画。01年UBS証券入社、06年GE入社、09年から現職

――「フリートコンパス」という名称で、自動車リースの法人顧客向けに新サービスを始めた。サービスの背景と概要は?

 背景としては今、GE全体が、データやソフトウエアの方向へ大きく舵を切っていることが大きい。2011年1月には米国カリフォルニア州シリコンバレーのサンラモンにグローバル・ソフトウェア・センターを設立し、ネットワーク機器大手の米シスコシステムズの経営幹部を迎え入れた。いわゆるビッグデータの分析から、新しいビジネスをやっていこうという方向に向かっている。

では金融部門であるGEキャピタルとして何ができるかというときに、1996年8月から手掛けているフリートサービス(オートリース・車輌管理)の顧客データを使ってサービスをできるのではないか、と考えた。具体的に説明したい。

例えば、我々の法人顧客が車を利用し、5年間運行することになっている、とする。その中には当然、日々の運行情報が記録されている。顧客が自由に選べる、ドライブレコーダー(運転中の映像や音などの情報を記録するための車載装置)を付けていれば、より詳細なデータが残っている。

次ページ管理することで手数料を得る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT