米GEが目指す、産業の「ネット化」とは?

自動車リースから始まる日本市場攻略

日本ではソフトバンクが興味を持っていて、連結子会社のソフトバンクテレコムと今年4月、インダストリアル・インターネットに関する業務提携を結んでいる。

――GEキャピタルとしての経営方針はどのようなものか。

よく、”more than finance”といっている。GEは売上高構成のうち、約7割が製造部門、約3割が金融部門。この事業形態を生かして、単なる金融でなく、金融以上のサービスや付加価値を顧客に提供したい、という考えが根底にある。

製造部門持つ強みを金融でも発揮

インダストリアル・インターネットを使ったサービスも、他の金融機関にはない、GEならではの強みがあるからこそできる。強みの一つは、主力の製造部門があるため法人顧客を共有できること。またもう一つは、GEが持つ長年に渡る顧客との関係があることだ。長期にわたるビジネスパートナーとして、仕事を行うという基本的な考えがあるので、導入企業に対しては、インダストリアル・インターネットの考え方を良く理解してもらっている。

GEの長期志向については、トップの在任期間を見てもらえれば、理由がわかると思う。現職のジェフ・イメルト会長兼CEOが就任したのは01年9月。1892年から現在までの約120年間で、CEOはわずか9人しかおらず、それぞれ平均約13.5年もCEOを務めている。在任期間が長いゆえ、ビジネスパートナーとの付き合いも長くなる。さらに提案、ソリューションを進化させていくことができるし、その流れの中で、インダストリアル・インターネットのサービスが存在する。

――GEとしての課題を教えてほしい。

GEはこれまで、全ての製品を一生懸命エンジニアリングをして造り、ほぼ完璧になった製品を顧客に持っていって、「使ってください」といってやっていた。しかし、イメルトCEOが2年ほど前から、『リーン・スタートアップ』の著者であるエリック・リース氏をコンサルタントに就任させ、もっと速く顧客の声を取り入れて開発につなげるという、仕事の作り方を生み出した。

社内ではそれを”Fast Works”と呼んでいる。まずは製品・サービスを造り、顧客のところに持っていき、顧客からフィードバックしてもらって改善する。インダストリアル・インターネットを使ったサービスでも、この仕組みを速く回転させ、展開先をどんどん広げていきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT