集合写真でガッカリしない「美しく撮られる」コツ 事前に「決め角度」と「決め笑顔」を知っておこう

拡大
縮小
初対面で自分の魅力を伝えるコツをご紹介します(写真:kotoru/PIXTA)
人は出会ってから数秒で、無意識のうちに相手の印象を決めてしまうとされています。第一印象が人間関係を左右するといっても過言ではありません。しかし、「初対面で自分の魅力を伝える」というのはとても難しいことです。
『知的で気品のある人がやっている 気くばりとマナー』では、著者がアナウンサーとして何度も失敗を繰り返しながら体得し、マナー・話し方講師としての視点を加えてブラッシュアップさせた、第一印象を最高のものにする気くばりやマナーを紹介しています。
本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

美しく写真に撮られるコツ

いまやデジカメやスマートフォンで、気軽に精彩な写真が撮れるようになりました。アプリなどで簡単に綺麗に加工できるようになり、嬉しい限りです。が、人に撮られた写真を見て、「消去して!今すぐ!」と言いたくなってしまった経験、ありませんか?

とはいえ、自分の都合で撮り直してもらうのも気が引けます。そこで、美しく写真に撮られるコツをご紹介しましょう。

写真に美しく写るワザ① 決め角度をつくる

*右と左どっちが好き? チェック!

① 目の前に鏡を置いて、正面からじーっと10秒間、自分の顔を見つめてください

② 次に10度右を向いて、10秒間自分の顔を見つめてください。

③ 正面から10度左を向いて、10秒間自分の顔を見つめてください。

④ ①②③のうち、自分がいちばん気に入っている顔を決めましょう。

⑤ 写真に写るときは、自分の好きなサイドの顔を多めに見せればOK。

人間の顔は左右で目の大きさが違っていたり、眉の高さが違うなど、左右対称ではありません。自分の顔で左右どちらが好きか明確にして、あなただけの「決め角度」を持ちましょう。

次ページ「写真で美しく見える笑顔」の作り方
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT