「数学的思考の欠如」が経験に固執する企業を生む

「言うべきことを言わない」組織が生まれる理由

「数学的思考」と組織の風土には、どのような関係があるのでしょうか(写真:horiphoto/PIXTA)
「数学が苦手で文系を選択した」という人の声がよく聞かれる。一方でデータサイエンス、AIなどがビジネスの重要なテーマとなり、数学的な素養が求められるようになった。数学が苦手だった文系出身者たちには、「これから、自分たちが損をするようになる?」という危機感が広がっている。『数学的に話す技術・書く技術』(曽布川拓也/山本直人著)は、ツールとしての数学の本質に触れつつ、ビジネスや社会との接点を明らかにしている1冊である。著者の1人で、自らも文系出身者である山本直人氏が「数学的思考」と組織の風土の関係について解説する。

一番「ジワリときた」2021年の言葉

毎年さまざまな流行語が生まれる。年末になれば、そうした流行語に賞を出すような企画もある。筆者の中での個人的な流行語大賞というほどのものでもないが、昨年、生まれたものの中で、ひどく引っかかったのはこの言葉だ。

『数学的に話す技術・書く技術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない姿勢」

報道でも話題になったので覚えている方も多いかもしれない。これは、11月26日に金融庁が出した「みずほ銀行及びみずほフィナンシャルグループに対する行政処分について」という文書の中に書かれた一文である。

この一文は「システム上、ガバナンス上の問題の真因」としてあげられた4項目の1つだ。公文書というより、どちらかというと「入社1年目の振り返り研修」などで言われそうな言葉である。

「子供に対する説教のようだ」という声も聞いたし、精神論めいていると感じた方もいるだろう。しかし、この内容を聞いて「ゾッ」としたビジネスパーソンもまた多かったようだ。

次ページ未だに脱却できない「昭和の日本的な空気」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT