2017年には中国でも風力発電が原発を上回る--アースポリシー研究所所長 レスター・ブラウン


--テキサスでは石油派と風力派とで軋轢が起こらないのですか。

そういうことはまったくない。というのは、テキサスは石油で過去100年間生きてきたわけだが、その石油がもう長くは続かないというのは周知の事実だから、新しい風力発電に関心が移っている。テキサスで風力発電による電気を売ることは、エネルギービジネスという意味では今までと何ら違いはない。

ウォールストリートは風力発電が大好き

--米国では風力発電機が畑の中にも立っているようですが。

トウモロコシ畑だ。発電機は畑全体の1%しか占有しない。残り99%の土地は今までどおり、農地や放牧に利用可能だ。発電機を1本立てることで、30万ドルの電力収入が得られるようになる。この1%の土地所有に対する借地料5000~1万ドルは農家に入る。農家にとっては、トウモロコシを売るだけではなく、風を売ることで実質二毛作といえる。

--こういった形で風力発電に投資しているのは電力会社ですか。

電力会社と投資会社だ。ウォールストリートは風力発電が大好きなんだ。過去2年で191基の新しい風力発電所ができたのは、ウォールストリートの投資のおかげ。テキサスにいる石油関係者にとっても、それが石油だろうが別のエネルギーだろうが、投資には違いがない。

--いっそ農家が土地を活用して電力事業に乗り出せばいいのでは。

たとえばアイオワ州の1エーカーの広さでトウモロコシを作っても800ドル。同じ土地で風力発電なら30万ドルの収入になる。だけど、それは電力会社がとり、農家には借地料の1万ドル程度しか入らない。ここだけを考えると、質問のような疑問が出てくるが、そう考える農家はいない。なぜなら農家は、新ビジネスでリスクをとりたくないからだ。特に、1基につき1億~2億円する風力発電機に投資するキャピタルを、農家の人たちに融通することは非常に難しい。ましてや穀物価格も変動する中で、借地料として安定収入が見込めるほうがむしろいい、との判断からだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT