2017年には中国でも風力発電が原発を上回る--アースポリシー研究所所長 レスター・ブラウン


 二つ目は大気汚染。ガソリンで走ると大気汚染は避けられないが、EVであれば再生可能エネルギーで走るわけで、大気汚染の問題はまったくない。さらに、大気汚染は健康にも深刻な問題を引き起こす。特に中国での健康問題は大変深刻。再生可能エネルギーを動力源とするEVにシフト強化することになろう。

--中国の環境対策でも、風力発電に注目しているようですね。

風力をベースにプログラムが発表されていて、現状の規模は小さいが、これからの5年間に風力発電容量を毎年倍にしていく計画が出ている。これで特筆すべきは、7基のメガコンプレックス、つまり、7カ所の大きな風力発電所を造ること。全体の規模は13万メガワットになる。これは石炭火力発電の130基分の容量と同じだ。

中国と米国の共同チームで、中国全体の風力発電の調査を行い、それが米『サイエンス』誌に発表された。その結果は驚くことに、現在のキャパシティ(電力発電容量)に比べ、実に7倍の潜在風力発電の能力があるという。中国で風力発電は、巨大な需要を生み出す可能性がある。

--米国の風力発電への期待は。

米国には現在3万メガワットの風力発電所がある。それができあがって電力ラインとの接続を待っている状態。米国では50州あるうちのノースダコタ、カンザス、テキサスの3州だけの風力発電で、米国全体の電力需要を賄う潜在力がある。

中でもテキサスでは面白いことが起きている。あそこは石油の州だが、オイルマネーを風力発電に投資する動きが起こっているのだ。テキサスを仮に国に例えると、世界で米国、中国、ドイツ、スペインに次ぐ5番目の風力発電国といえる規模を持つ。現在32州で商業ベースに乗った風力発電があるが、テキサスはそのリード役といえる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。