2017年には中国でも風力発電が原発を上回る--アースポリシー研究所所長 レスター・ブラウン


--再生可能エネルギー新設よりも、原子力発電の増設のほうが産業界では期待が大きいようです。

原子力発電は非常にコスト高。17年には中国も風力発電が原子力発電を追い越すと予想している。

自分が考えるときに、よく目安にするのはウォールストリートが何に投資しているかということ。この30年間、原発には投資していないという事実がある。完全な自由市場の下では原発は建設されない。電力のモノポリー(独占)があるところだけにしか、建てられないのだ。

この数年のうちに原発による発電量は減っていく。フランスだと、今の供給の80%が原発によるものだが、現在建設中のものはたった1カ所。それに引き換え風力発電所は、今後10年で2000メガワット分を計画している。日本は1万カ所の温泉があるので、地熱が有力だろう。日本の技術力があれば十分可能だ。

(鈴木雅幸・週刊東洋経済編集長 =週刊東洋経済2010年7月31日号)

LesterR.Brown
1934年米ニュージャージー州生まれ。ラトガーズ大学、ハーバード大学で農学と行政学を修める。米農務省で国際農業開発局長を務め、74年にワールドウォッチ研究所を創設、84年には『地球白書』を創刊した。2001年5月アースポリシー研究所を創設、『エコ・エコノミー』『フード・セキュリティー』『プランB4.0』など著作多数。06年5月に、一橋大学から名誉博士号を授与。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT