2017年には中国でも風力発電が原発を上回る--アースポリシー研究所所長 レスター・ブラウン


--再生可能エネルギー新設よりも、原子力発電の増設のほうが産業界では期待が大きいようです。

原子力発電は非常にコスト高。17年には中国も風力発電が原子力発電を追い越すと予想している。

自分が考えるときに、よく目安にするのはウォールストリートが何に投資しているかということ。この30年間、原発には投資していないという事実がある。完全な自由市場の下では原発は建設されない。電力のモノポリー(独占)があるところだけにしか、建てられないのだ。

この数年のうちに原発による発電量は減っていく。フランスだと、今の供給の80%が原発によるものだが、現在建設中のものはたった1カ所。それに引き換え風力発電所は、今後10年で2000メガワット分を計画している。日本は1万カ所の温泉があるので、地熱が有力だろう。日本の技術力があれば十分可能だ。

(鈴木雅幸・週刊東洋経済編集長 =週刊東洋経済2010年7月31日号)

LesterR.Brown
1934年米ニュージャージー州生まれ。ラトガーズ大学、ハーバード大学で農学と行政学を修める。米農務省で国際農業開発局長を務め、74年にワールドウォッチ研究所を創設、84年には『地球白書』を創刊した。2001年5月アースポリシー研究所を創設、『エコ・エコノミー』『フード・セキュリティー』『プランB4.0』など著作多数。06年5月に、一橋大学から名誉博士号を授与。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。