今が旬の「上海ガニ」12月はオスを食すといい理由 季節と好みに鑑みながらスマートに注文する方法

拡大
縮小
秋から冬に旬を迎える上海ガニ。いま食べるべきはオス?それともメス? 世界の食通が集まる「蟹王府」で上海ガニのすべてを学びます(写真:菅野祐二)
この記事の画像を見る(15枚)

最旬シーズンを迎えている上海ガニ

食いしん坊の道には季節感が大切です。

本記事はLEON.JPの提供記事です

冬になれば「白トリュフ、今年はまだ食べてないなぁ」と焦り、「あんこう鍋、誰と食べようか」と悩む。

この季節にしか出会えない美味があるわけで、時節にピタリと合う食材や料理に巡り合えたときのよろこびはヒトシオですよね……というわけで、今回のお題は「上海ガニ」。

もちろんカニは冬の美味。毎年11月上旬に全国で解禁されるズワイガニは、石川県なら「香箱ガニ」(メス)、山陰なら「松葉ガニ」(オス)、福井県なら「越前がに」(オス)と名前を変えて各地でブランディングされています。日本に暮らすものなら、ズワイガニについてはなんとなくご存じでしょう。

「蟹王府」の上海蟹は週に2回、空輸で上海から飛んできます(写真:菅野祐二)

では上海ガニについてはいかがでしょうか? 「上海で獲れるカニだろう」って? うん、それはもちろん正解。でも、オスとメスの違いについて、そしてその食べ方のコツについてはいかがでしょう?

次ページそもそも上海ガニって何?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT