デング熱、「代々木公園」だけでは終わらない

9~10月、「秋の都会」の蚊が危ない!

デング熱にはワクチンがなく、治療は解熱剤などの対症療法に限られる。

「ただ、感染によって血小板の数が減っているので、アスピリンを含む解熱薬は飲んではいけない。体が止血する働きを妨げるとされるからです」(水野さん)

現状、国内感染者は容体が安定している。ただ、感染症を専門とする医療機関は都内でも少ない。都は今後、都内病院に検査キットを配備する方針だ。

旅行など海外でデングウイルスに感染して帰国する輸入感染者は、99年(9人)、2000年(18人)、01年(50人)と、50人前後で推移していたが、10年(244人)、11年(113人)、12年(220人)、13年(249人)と、急増している。20年に東京オリンピック・パラリンピックが行われるのは、7月末から9月上旬。まさに、この時期に各国から人を迎えるのだ。

「地道な感染症対策も、立派なおもてなしの一環だと考えるべきでしょう」(高崎さん)

最後に、ヒトスジシマカは、人だけでなく温血動物全般を好む。代々木公園にはドッグランがあり、犬の散歩も多い。

高崎先生、犬や猫などペットにも感染するんでしょうか?

「大丈夫です。犬や猫には感染しません」

(編集部・井上和典、宮下直之)

ヒトスジシマカの生態と日本におけるデング熱
●ヒトスジシマカは「待ち伏せ型」。普段は低木や草むらなどに潜み、50センチ程度の距離まで近づくと襲いかかる
●孵化後、成虫の期間は14~40日間。この間に、吸血するのは4回程度とされる
●気温が高くなると、一生の間に吸血する回数が増えるという研究も。温暖化が進めば生息域も北上し、感染リスクは高まる
●ヒトスジシマカは、デングウイルスのほかに、ウエストナイル熱やチクングニヤ熱の原因ウイルスも媒介する
●1940年代には、西日本で国内感染が相次いだ

※AERA 2014年9月15日号

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。