ボルボの「EV大転換」日本でも始まった攻勢の起点

「C40Recharge」投入、日本法人社長に聞く未来展望

ボルボ「C40 Recharge」(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(30枚)

ボルボ・カージャパンは、同社が初めて日本に導入する電気自動車(EV)「C40 Recharge」(リチャージ)を11月18日に発表した。

これまでハイブリッド車(HV)、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)のラインナップ拡大に努めてきたボルボにとって、初めてのピュアEVの日本導入となる。

C40というネーミングはボルボの通例からすると、カジュアルなコンパクト〜ミッドサイズのクーペを想像させる。実際、基本構造は「XC40」(399万円〜)と同じCMAプラットフォームを利用していて、全長は4440mmにすぎない。

しかしながら、前後に1つずつ大出力のモーターを搭載する4WDで、それらは合計で408ps/660Nmと、スーパースポーツカー並みと言ってもいいパワーを発生する。これを受け止める20インチ・タイヤもフロントが235/45、リヤが255/40と極太。後ろが太いのはフル加速のとき荷重が偏ることに対処するためで、2160kgの車体をわずか4.7秒で100km/hに導く加速性能を示す。バッテリー容量も78kWhにおよび、最大航続距離は485km。車両本体価格も性能相応で、719万円と発表されている。

ボルボ日本法人は、このニューモデルを特別な方法で売ろうとしている。2020年10月に着任し、プロジェクトを指揮したマーティン・パーソン代表取締役社長に話を聞いた。

全世界オンラインのみで販売

C40 Rechargeを含むボルボのEVは今後、全世界においてオンラインのみで販売されることがすでに公表されている。日本市場もこれに従って、同車のウェブサイトが2022年1月に開設される予定だが、これに先駆けて2021年11月18日から30日まで、100台を“サブスクリプション”形式で提供するキャンペーンが展開される。

マーティン・パーソン/ボルボ・カージャパン代表取締役社長。1971年スウェーデン生まれ。明治大学経営学科に交換留学後、リンショーピング大学大学院で理学修士号を取得。1999年、ボルボ・ジャパンにプロジェクトマネジャーとして入社。同社マーケティング・ディレクター等を経て、ボルボ・カー本社勤務ののち、ボルボ・カー・ロシアおよびチャイナでバイスプレジデントを務め、2019年ボルボ・カー・ロシア社長。2020年10月より現職。50歳。

ここ数年で急に耳にするようになった“サブスク”の費用は、月額11万円(消費税込み)。契約期間は最大3年で、車両の貸与費用に加えて税金、保険、登録費など、諸費用全般が含まれている。

次ページペナルティーなしに解約可能
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT