果てなきルネサス改革、賃金制度にもメス

10月から基本給大幅カット、成果主義も導入へ

8月には設計・開発部門を再編し、配置転換に応じられない社員は早期退職の道を選んだ。付加価値の高いソフトウエア設計は本社に残す一方で、下請け要素の強い回路設計などの部門は子会社に集約。このため「いつ子会社を売却されてもおかしくない」と、子会社へ転籍した社員は戦々恐々とする。

実際に一部事業については、「売却の打診を受けたが断った」(国内中堅半導体メーカー)という話も漏れてくる。作田会長は非注力部門である半導体製品を25%(金額ベース)削減する方針を掲げており、製品構成の改善で「営業利益率2ケタを達成する」と語る。

今後は成長分野の車載用に資源を集中する方針だ。ルネサスは車載用マイコンでは世界で高いシェアを持つ。が、主力顧客が日本車メーカーのため、日本では自動車向け半導体シェア33.2%を握る一方、北米は8.1%、欧州は7.3%と心もとない。

強まる"脱トヨタ"

トヨタ自動車をはじめとする日本車メーカーのコストダウン要求も容赦がない。現在は、工場閉鎖に伴い生産終了となる半導体を作りだめしているが、「ある自動車メーカーは、10年分の在庫を買うから半額にしろと要求してくる」(ルネサス関係者)。当初、生産終了品は値下げの対象外とする予定だったが、その思惑は砕け散った。

こうした中、ルネサス社内では“脱トヨタ”が叫ばれるようになっているという。「そもそも業績悪化の元凶はトヨタだ。狙うのは、独ボッシュやコンチネンタルといった海外勢で、その先にはフォルクスワーゲンがある」(ルネサス社員)。

今回の制度改革で会社側が掲げるキーワードも、「グローバル競争力」「成果主義」「人財育成」だ。従来の下請け体質から脱皮し、グローバル企業へ変身する覚悟の表れとも受け取れる。熾烈なリストラと大規模な組織再編の先に、復活はあるのだろうか。

「週刊東洋経済」2014年9月6日号<9月1日発売>掲載の「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT