ユニクロ快進撃に異変 秋冬商戦の高いハードル


 だが、ふたを開けてみれば想定外の販売不振が待ち受けていた。「価格帯やデザインの種類を増やしたことが、逆に消費者にわかりにくかったようだ」(大西秀亜CFO)。

これまでなら大型商品の不振は、別商品でヒットを積み重ねて補うことができた。だが今回、“総合力”は機能せず。昨年よりもアイテム数を増やした結果、逆に「売り場でメリハリをつけられなかった」(大西CFO)。またTシャツの売れ筋商品では品切れが発生し、機会ロスを招く悪循環に陥ってしまった。

足元では夏の機能性肌着「サラファイン」「シルキードライ」が好調で、前期の大ヒット商品「ブラトップ」の人気も継続している。しかし高単価なジーンズ商戦の大失敗を補うのは難しい。

ファーストリテイリングの柳井正社長は本誌取材に対し、「アップがあればダウンもある」と動じる様子はない。とはいえ、社内では「(改善策を)どんどんやれと(柳井社長から)指示が出ている」(大西CFO)という。秋冬に向けて、UJの中間価格帯を整理して訴求商品を絞り込むなど軌道修正を進めている。

リバウンドの危険

今年の秋冬商戦は、ユニクロにとって正念場となる。“リバウンド”という高い壁が待ち受けているからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT