ユニクロ快進撃に異変 秋冬商戦の高いハードル

ユニクロ快進撃に異変 秋冬商戦の高いハードル

絶好調を謳歌するファーストリテイリングに、“異変”の兆しが現れた。

7月8日、2010年8月期の業績予想を下方修正すると発表した。悪化の原因は、国内ユニクロの売り上げ不振。3~8月期の営業利益は、前年同期比で15%弱落ち込む見通しだ。

変調は、今年に入って現れた。1月の既存店売上高は、6カ月ぶりのマイナスに転落。2月はプラスへ転じたが、3~6月の既存店売上高は前年同期比7・4%減に後退した。天候不順の影響もあるが、直近の6月も5・8%減と振るわず、堅調だった同業のしまむらや総合スーパーのイオンと明暗が分かれた。

敗因についてユニクロは、天候不順とマーケティングの失敗を挙げる。中でも決定的だったのが、2月に立ち上げた「UJ(ユニクロジーンズ)」の不発だ。

総合力が機能せず

ユニクロでは、毎年1000万本以上のジーンズを売り上げている。1社で販売する本数では日本一の規模で、これまでもスキニージーンズやカラージーンズなどで自ら流行を創り出してきた。UJは「最大のマーケットポテンシャルを持ったジーンズを、大きく飛躍させる」(大苫直樹COO)と、最も力を入れたプロジェクトだった。

価格は従来の3990円に加えて、1990円と2990円の3価格帯で展開。デザインも豊富にそろえた。大型店では複数箇所に売り場を設け、万全の体制で挑んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。