日本の子が授業中「座っているだけ」に陥る真因

「置いてけぼり続出」の一斉授業をどうすべきか

日本の子どもたちは授業中、本当についてきているのでしょうか?(写真:cba / PIXTA)

「わが子が勉強しない。勉強が嫌いで学力がつかない。もっと進んで勉強するようになって欲しい」「いつまでたっても宿題をやらない。さんざん叱られて泣きながらやる」

こういった悩みを抱えている親御さんは本当に多いです。

この連載の記事一覧はこちら

では、なぜ、こういう事態が常態化しているのでしょうか? その理由と対策についてゼロベースで考えてみたいと思います。

はたして、子どもたちは勉強ができるようになりたいと思っていないのでしょうか? なぜ、子どもたちの多くが勉強を進んでやろうとしないのでしょうか?

子どもたちは勉強ができるようになりたい

私は23年間にわたって小学校の教壇に立ってきましたが、その経験で言えば、本当は子どもたちはみんな勉強ができるようになりたいと思っていますし、教科書やテストの問題を解けるようになりたいと思っているのです。でも、それができないままでいるのです。

では、どこに原因があるのでしょうか? 実は、原因は子どもたちにはありません。ひと言で言えば、個人の学力差を無視した全体主義的なカリキュラムの強制が原因です。そして、解決策はカリキュラムを無学年制にして個別最適化に舵を切ることです。

日本のカリキュラムは文部科学省の学習指導要領が基になっています。そこには、何年生では何を学ぶかということが示されています。例えば5年生の算数なら、主に次のような内容と決められています。

小数の乗法と除法。分数の加法および減法。三角形や平行四辺形などの面積。直方体などの体積。角柱などの立体図形。百分率や円グラフ。比例。

また、年間の標準授業時間数も決まっていて、5年生の算数は175時間です(この場合の1時間は1コマの授業時間45分間のこと)。

次ページ12年間で全体目標を達成するための内容と時間配分
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT