「VAIO発足」から2カ月、山積する難題

調達・生産・販売のすべてが大激変

もうひとつ、ソニー時代とは大きく異なることがある。それは、インテルやマイクロソフトとの関係である。

これまでは年間500万台以上の出荷規模を誇り、グローバルに展開してきたが、VAIO(株)の年間出荷台数は、2015年度見通しで年間35万台。しかも、国内だけの販売に限定される。

インテルやマイクロソフトの担当者も変更しており、その関係も、当然変わることになる。

最も大きな影響は、調達数量によって決められるCPUの調達価格や、WindowsのOEMライセンス価格だろう。業界関係者の試算によると、この両社との取引条件の変更だけで、同じPCを作ったとしても、最終価格で1万~2万円程度の影響は出るとの見方もある。

「その他メーカー」に分類?

インテルやマイクロソフトとの共同キャンペーンなどの数が大幅に減少するといったことも大きな変化だ。たとえば、2013年11月、日本マイクロソフトは、WDLC(ウィンドウズ デジタル ライフ コンソーシアム)と共同でWindows XPからの乗り換え促進キャンペーンを実施した。

その際、キャンペーンのパンフレットに記載したPCは、NEC、富士通、東芝、ソニーの4社の製品だった。これは、一定数量の取引を背景にして選択されたメーカーだ。言い換えれば、VAIO(株)の販売数量では、こうしたキャンペーンに参加することは難しいといえる。それはインテルとの関係においても同様だろう。

つまり、VAIOの露出度は、これまでに比べて少なくなるのは明らかで、業界をあげた取り組みにおいては、「その他メーカー」に分類される可能性もある。

もちろん、スタートしたばかりのVAIO(株)にとっては広告宣伝費も限定されており、ここでも露出度は限定される。ソニーから分離し、スタートを切ったVAIO(株)だが、生産、販売、そしてマーケティングと、われわれが思う以上に、まったく違う環境からのスタートを切っている。

これまでの大型船とは異なるのが、いまのVAIO(株)。小さな船は、荒波の大海で生き残ることができるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT