ソフトバンクを分析する

Tモバイル「買収白紙」の影響はあるのか?

 一方で、本業で稼いでいるキャッシュフローにあたる「営業活動によるキャッシュフロー」は8602億円です。これは絶対額としても、キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー÷売上高)から見ても、かなり高い水準ですが、投資額から見れば十分ではありません。つまり、子会社への投資をしなくても、稼ぐ金額よりはるかに多い設備投資を行っているというわけです。これらの数字を見ると、携帯電話事業がどれだけ「金食い虫」かお分かりになると思います。

当然、これではおカネが足りません。その部分は、財務キャッシュフローで賄っています。「長期有利子負債の収入」が4兆6982億円。これは、長期有利子負債を借りた分です。一方、長期有利子負債を返済した金額を示す「長期有利子負債の支出」は、マイナス1兆9715億円計上されています。つまり、差額の2兆7267億円を長期の借り入れの増加でファイナンスしているというわけです。

そこでソフトバンクは、業績が芳しくないスプリントについて「Tモバイルと統合させて、収益力を高めよう」と考えました。

収益性を高めるために最も効果的なのは、コストの削減です。2社を統合すれば、基地局などの設備を共同で使うことができます。2つの基地局が1つで済んでしまいますから、設備投資を大幅に減らすことができるのです。

この戦略は、賢いものだったと思います。ただ、ソフトバンクはこれまでもリスクをかなりとっていますので、Tモバイルとの合併による、戦略上の優位性が現実化し、ひいてはキャッシュフローの改善がもたらされるまでは、リスクがさらに高まっていた可能性があったのです。

確かに、同社はリスクを高めているとは言え、収益力の高い企業です。先ほども少し触れましたが、営業キャッシュフローを十分稼げているかを示す「キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー÷売上高)」を計算すると、12.9%になります。この指標は、私の経験上、7%以上あれば好調だと判断してよいものです。したがって、ソフトバンクのキャッシュフローを「稼ぐ力」は、投資のことを考慮しなければかなり高い水準だと言えます。

孫社長は、収益性の高さを武器に、買収を進める戦略をとり続けてきました。ただ、その投資額が、やはり大きすぎる傾向があったのです。

次ページ当面はおカネが潤沢にある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT