ソフトバンクを分析する

Tモバイル「買収白紙」の影響はあるのか?

一方、問題は、これからスプリントをどうするのかということです。このままでは収益力も高まらず、鳴かず飛ばずになってしまいます。元々、スプリントを買収したときにTモバイルとの統合を想定していたのであれば、当初の思惑が大きく外れてしまったということになります。

最新の決算はどうなっているのか

 ソフトバンクの最新の決算である2015年3月期 第1四半期決算(2014年4〜6月)も見ておきたいと思います(損益計算書、24ページ参照)。売上高は、前の期より126%増の1兆9922億円まで伸びています。これは、先ほども触れましたが、昨年7月にスプリントを買収したことで、2社の売り上げが合算されたのです。同様に、売上原価や販管費も倍以上に増えています。

ただ、営業利益は前の期より15.6%減の3376億円となりました。これは、前の期にソーシャルゲーム「パズドラ」で大ヒットを収めたガンホー・オンライン・エンターテイメントを子会社化したことによる一時益が出ていたからです。損益計算書には、「企業結合に伴う再測定による利益」として1501億円が計上されています。それが今期にはなくなり、減益になったというわけです。

少し専門的なことを説明しますと、一般的には、こういった一時的な利益は「特別利益」として計上されますが、ソフトバンクが採用している米国会計基準には、特別利益や特別損失、経常利益などの概念がありません。ですから、一時的な損益も、すべて営業利益に含まれてしまうのです。

この一時益を除くと、営業利益は前の期より34.5%増えたということで、孫正義社長は業績に自信を見せました。

損益計算書に戻ります。もう一つ注意すべきは、この期に「持分法による投資損益」がマイナス634億円計上されている点です。これは、ソフトバンクの関連会社である中国の電子商取引最王手アリババ・グループ・ホールディング上場準備に伴う一時的な損失です。

次ページ今後のポイントは2つ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT