日韓がタブーにする半島の歴史 室谷克実著

日韓がタブーにする半島の歴史 室谷克実著

日本列島の倭人は古代、朝鮮半島の人々から稲作など先進文化を学びながら、国を発展させてきた。本書は、誰もが常識とするこの定説に真っ向から異議を唱える。

ジャーナリストである著者は、半島に伝わる最古の正史『三国史記』、中国の正史『隋書』などを丁寧に読み解きながら、半島を初めて統一した新羅の基礎づくりを指導したのが倭人・倭種であり、新羅も百済も倭国を文化大国として崇(あが)めていたと分析。考古学の新しい成果や、DNA分析を駆使した植物伝播学でも裏付けられる、とする。

異論にとどまる背景には、韓国に「超夢想的朝鮮民族絶対主義史観」が流布しているからで、それは国定歴史教科書にまで及んでいるという。

新潮新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。