日韓がタブーにする半島の歴史 室谷克実著

日韓がタブーにする半島の歴史 室谷克実著

日本列島の倭人は古代、朝鮮半島の人々から稲作など先進文化を学びながら、国を発展させてきた。本書は、誰もが常識とするこの定説に真っ向から異議を唱える。

ジャーナリストである著者は、半島に伝わる最古の正史『三国史記』、中国の正史『隋書』などを丁寧に読み解きながら、半島を初めて統一した新羅の基礎づくりを指導したのが倭人・倭種であり、新羅も百済も倭国を文化大国として崇(あが)めていたと分析。考古学の新しい成果や、DNA分析を駆使した植物伝播学でも裏付けられる、とする。

異論にとどまる背景には、韓国に「超夢想的朝鮮民族絶対主義史観」が流布しているからで、それは国定歴史教科書にまで及んでいるという。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT