成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ 波頭亮著

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ 波頭亮著

すでに成熟フェーズに入った日本において、国民が幸せになれる社会の仕組みは、どのようなものか。必然的に国家ビジョンを差し替えなければならないと、著者は説く。

そこでの経済政策の主役は、誰がどれくらい税金を負担し、公的サービスを受給するかの「所得再配分」を決める分配論になる。「国民の誰もが、医・食・住を保障される国づくり」という国家ビジョンに基づき、新しい社会の仕組みを示し、その実現に向け戦略発動すべきだと論述する。

「成長戦略論」のままに経済政策や政治の仕組みを再構築するならば、日本社会は一層暗く沈滞していくだけと、個人主義的リベラリストから「穏健な社会論者」に変身した著者は主張する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT