1本300万円のウイスキー「山崎55年」が売れる訳

価値観の差の見極めがビジネスチャンスを生む

なぜなら、これからの中小・ベンチャー企業の活路は、大手の大量生産品にはない「新しい価値」を持ち、「高値で売れる」商品やサービスにあるからです。そして、その最大のターゲットは、富裕層というレベルかどうかはともかく、ある程度お金を自由に使える層になるはずです。

大量生産より高額で売れる価値あるものに需要

まとめると、「価値観の差」で利潤を生むためのポイントは、幅広い文化に触れつつ、それぞれの文化の「普通」を把握することです。たとえその層が今の自分や自社から遠い位置にある場合でも、できるだけその場に足を運び、人と触れ合い、対話するなどして、理解を深めようとする努力をするべきでしょう。

ちなみに、「価値観の差」を知る手っ取り早い方法は、「その文化の中にいる、別のバックボーンを持つ人」の話を聞くことです。

『ネクストカンパニー』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

コロナ禍の現在ではまだまだ難しいですが、以前の私は海外旅行をするとき、その地で少なくとも10年以上暮らしている日本人を探してガイドをお願いするようにしていました。日本人が見るとそうではない現地の「普通」を教えていただけるので、「価値観の差」を見つけやすくなるからです。

現地人のガイドさんではこうはいきませんし、その国が好きで移住したばかりの日本人では、いいところ、刺激的なところばかりが目につく段階で、日本文化の「普通」と冷静に比較できる視点が身についていない可能性があるのです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT