スプートニクの落とし子たち 今野浩著

スプートニクの落とし子たち 今野浩著

「理工系エリートの栄光と挫折」なる副題そのままに、東大工学部応用物理学科を昭和37年に卒業した秀才たちの人生行路を描いた異色のノンフィクション小説である。

元東工大教授で金融工学のパイオニアでもある著者が、ドキュメンタリーとして残そうと決意したのは、主人公、後藤公彦氏の強烈な個性と数奇な運命の故だったらしい。米銀の日本代表となって超高給を得た後、大学教授の職を得る苦難の中で離婚、病魔に襲われる晩年まで。大昔の会話がリアルに再現または脚色される。

教授として出世していく同窓の仲間もほぼ実名で登場するが、勝者の一人、野口悠紀雄氏を含め率直な人物評と各人の言動が披露されていて、物議をかもさないか心配になるほどだ。これほど赤裸々に仲間内の人間像が描かれるのは珍しいが、理系人間の出世劇ドラマを通じて若者の理工系離れから日本の未来が危ぶまれる現状へ警鐘を、との思いも伝わってくる。(純)

毎日新聞社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。