ミッドシップ「コルベット」の真価はコーナリング

「新型コルベット」をターザン山田がぶった斬る

新型コルベットの走行シーン(東洋経済オンライン編集部撮影)

:1日走り回って、圧倒的な走りのパフォーマンスも存分体感できたよ。6.2L V8のエンジンに8速デュアルクラッチで最高出力502ps、車両重量1670kgというスペック。さらにミッドシップレイアウトと、今までのコルベットとはまったく違う。

乗った感触としては、最高速も余裕で300km/hが出そうなエンジンパワーとトルクだよね。ボディを見れば、空力も抜群にいいだろうし、楽勝で300km/hの壁を超えるんじゃないかな!

:さすが最高速アタックを幾度となくこなしてきたプロドライバーの意見ですね! さすがに公道じゃ、その性能をすべて堪能することは難しそうですけどね。

:まぁね(笑)。ただ、自分は仕事柄、サーキットだけではなく、テストコースで最高速アタックする機会も多くて、軽く乗れば体感でわかるんだよね。今年だけでも300km/hで走らせたクルマは10台を超える。その経験から言わせてもらえば、新型コルベットは、間違いなく最高速300km/hオーバー、ゼロヨン11秒台前半で走ってくれそうだ。間違っていたらゴメン(笑)。あくまでプロドライバーの経験からくる勘だからね。

ただ、空力も優れているし、安定感はすごい。これなら300km/hで走らせても安心だなって気持ち、わかるかな~。300km/h出したことがある人間じゃないとわかんないだろうな~(笑)。今度、テストコースに持ち込んで、ちゃんと最高速を計測してみたいよね!

502psを絞り出す6.2L V型8気筒エンジン

6.2L V型8気筒可変バルブタイミングのLT2エンジンを眺めるターザン山田氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

:アメ車と言えば大排気量が魅力ですが、新型コルベットのエンジンはどうですか?

:自分は、ベースエンジンに手を加えた、いわゆる“チューニングカー”や“改造車”が得意分野だけど、C8コルベットに搭載されたV8 6.2Lのノーマルエンジンは、かなり排ガスや点火、そのほかでパワーが抑えられている印象だね。マフラーをよりスポーティなものに変えて、リセッティングするだけで簡単にパワーアップできそう。さらにターボチャージャーといった過給機を追加すれば、楽に1000psオーバーのチューニングカーが完成する! 誰かやらないかな~、めちゃくちゃ楽しそう!

次ページじつはアメ車大好き、ターザン山田の回想
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT