ベンツより高級「マイバッハ」3000万円のニーズ

ベンツ以上ロールス未満の価格帯に見出す勝機

2代目メルセデス・マイバッハ Sクラス(写真:Daimler)
この記事の画像を見る(58枚)

2021年7月1日、メルセデス・ベンツより2台の新型モデルが発表された。「メルセデス・マイバッハSクラス」と「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」の2台だ。

この2台の新型車で注目してほしいのは名前が、「メルセデス・ベンツ」ではなく、「メルセデス・マイバッハ」であること。メルセデス・ベンツのテクノロジーを使いつつも、“マイバッハ”という名前を付加する別ブランドとして世に送り出された2台だ。

では、その「マイバッハ」とは何か。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

これはメルセデス・ベンツの創設期に多大な貢献を果たし、後に自動車メーカーとして独立する技術者の名前だ。

メルセデス・ベンツから離脱したヴィルヘルム・マイバッハと、その息子となるカール・マイバッハは、現在からちょうど100年前となる1921年に第1号車を発表している。当時の最先端の優れた技術と豪華な室内、斬新な設計とデザインを備えたマイバッハのクルマは、走る芸術品として賞賛された。

その後、マイバッハは第2次世界大戦前の欧州で超高級車ブランドとして認められていた。しかし、そんなマイバッハも大戦後は活動を縮小してゆき、1961年からは現在のメルセデス・ベンツの傘下となっている。

価格はベース車両の2倍以上

そんな歴史ある名前を与えられたのが、このたびの新型車「メルセデス・マイバッハSクラス」と「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」だ。

その内容を簡単にいってしまえば、最新のメルセデス・ベンツ「Sクラス」と「GLS」を、マイバッハにふさわしい「究極の」「洗練されたラグジュアリー」を目指す車両として改良されたもの。

メルセデス・マイバッハ GLS(写真:Daimler)

価格は、「メルセデス・マイバッハSクラス」が2648万円/3201万円、「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」が2729万円。ベースとなるメルセデス・ベンツSクラスやGLSのエントリーグレードと比べると、2倍以上のプライスとなる。もちろん現在のメルセデス・ベンツとしては最上級の価格帯だ。

では、そんな2000万~3000万円もするクルマにニーズはあるのか。その答えはYESだ。ニーズはしっかりと存在する。スーパーカーとして有名なフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなどのスーパーカーは、どれも2000万~3000万円が当たり前だ。

次ページ2000万円オーバー車の国内年間販売台数、2600台
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT