三菱「アウトランダーPHEV」電動SUVの進化に歓喜

SUVでありながら高級セダンのような乗り心地

2021年10月28日、ついに発表された新型アウトランダーPHEV(写真:三菱自動車工業)
この記事の画像を見る(6枚)

三菱自動車工業のフラッグシップであるSUV(スポーツ多目的車)の「アウトランダーPHEV」が、2021年10月28日にフルモデルチェンジを発表した。アウトランダーは、まずガソリンエンジン車として、初代が2005年に登場している。初代は、フランスのPSAへも供給される(プジョー4007/シトロエン・Cクロッサー)など、SUVとしての商品性が欧州でも評価された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2012年に2代目となり、その年末にプラグインハイブリッド車(PHEV)が追加発売された。特徴は、2009年に発売された軽自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のモーターやバッテリーを応用していることだった。また、ガソリンエンジンは搭載するが、それは主に発電用であり、4輪での駆動はモーターのみで行うシリーズ式ハイブリッドシステムを採用している。

1997年に世界初の量産ハイブリッド車(HV)として発売されたトヨタ「プリウス」は、シリーズ・パラレル式と呼ばれるハイブリッドシステムを使い、トヨタは今日も同機構を改良させながらHVやPHEV(トヨタはPHVと表現する)に適用している。このシステムは、ガソリンエンジン車の燃費を2倍に向上させることを目的に1990年代に開発され、走行のための駆動は、エンジンとモーターの両方を走行状況に応じて使い分けたり併用したりする。

シリーズ式を採用したアウトランダーPHEVの価値

アウトランダーPHEVのリヤスタイリング(写真:三菱自動車工業)

アウトランダーPHEVが採用したシリーズ式ハイブリッドは、かつて研究用であったり、商用車での実用例はあったりするが、プリウスの誕生によってHVが日常化した現代においては、乗用車への本格的実用化は近年になってからのことだ。トヨタ方式がガソリンエンジン車の燃費を2倍にすることを目的としたのに対し、三菱自の方式はEVを応用したハイブリッドシステムといえる。その後、日産が同じくEVの「リーフ」の技術を応用したe-POWERを発売し、HVの販売を本格化した。

アウトランダーPHEVは、気候変動抑制のため欧州で急速に進んだ電動化において、EV商品が欧米自動車メーカーでまだ十分に整わない間に、PHEVの最量販車となった。とくに北欧での販売が好調だった。ガソリンエンジン車とはいえ初代アウトランダーが欧州で認められ、また環境性能だけでなく、本格的4輪駆動(4WD)車パジェロでのパリ~ダカール・ラリーでの活躍などによる4WDの独創技術など、モーターによる4WDとなるアウトランダーPHEVの性能は、厳しい冬を過ごす北欧で歓迎されたといえるだろう。

次ページついにアンヴェール、新型アウトランダーPHEVの実力は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT