トヨタ「RAV4」が"不憫な存在"から脱却できた理由

発売2年の通信簿 振り返って見えたヒット要因

ガソリン、ハイブリッドに加え、プラグインハイブリッドもラインナップする現行「RAV4」(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(8枚)

トヨタ「RAV4」は不憫なモデルだった。

1994年にデビューした初代のコンセプトは「アウトドアでも、アーバンシーンでも、見て、乗って、楽しいクルマ」というもの。ポイントは「アーバンシーンでも」とあるところだ。今では、SUVが街中を走るのはおかしくもなんともないことだが、当時は違っていたのである。

当時はまだSUVという呼び名も一般的ではなく、「クロカン(クロスカントリー4WD)」と呼ばれており、「山の中を走るクルマ」が一般的な認識であった。そのためSUVの車体構造は、ラダーフレームの上にボディを載せるという、トラックと同じ頑強な手法が採用されていた。

そこにRAV4が一石を投じる。乗用車と同じ、フレームが一体となった構造であるモノコックボディでSUVを作ったのだ。

初代「RAV4」。あとから5ドアモデルも追加された(写真:トヨタ自動車)

モノコックボディを採用したRAV4の走りは、ほとんど乗用車と同じ。車重が軽いため走りは軽快で、燃費もよい。これが大いに受けた。翌1995年に登場するホンダ「CR-V」とともに、今に続く「乗用SUV」というジャンルを切り拓いていったのだ。

今の世界を覆う一大SUVブームも、その多くはモノコックボディのSUVだ。そのルーツがRAV4やCR-Vにあったのである。当時は「ランドクルーザー」や「パジェロ」のような本格的なクロカンに対し、”ライトクロカン”と呼ばれていた。

知名度があっても売れないクルマ

しかし、RAV4は画期的ではあったけれど、残念ながら大ヒットまでには至らなかった。

木村拓哉出演のCMも話題となり、初代はそこそこ売れたものの、年間販売のベスト10に入ることはなかった。それは、続く2000年に登場した第2世代、2005年からの第3世代も同様だ。知名度はあるものの売れない。

3ナンバーボディへと拡幅された第2世代(写真:トヨタ自動車)
5ドアのみとなった第3世代。7人乗りSUV「ヴァンガード」のベースにもなった(写真:トヨタ自動車)

そうしたこともあり、2013年より世界市場で発売が開始された第4世代は、日本市場への投入が見送られ、第3世代を継続販売。その第3世代も2016年に販売を終了し、ついにRAV4はカタログ落ちとなってしまったのだ。

つまり、2019年4月に登場した現行RAV4は、日本市場にとって3年ぶりとなる復帰モデルなのである。

第3世代までのRAV4は、日本でヒットモデルとはならなかった。だからといってRAV4が失敗作であったのかと言えば、それは違う。日本ではヒットしなかったが、海外では売れに売れていた。

次ページアメリカだけで年間41万台、世界累計812万台
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT