カローラクロス対キックス、ハイブリッドSUV比較

トヨタSUVランナップ拡充、日産は対抗できるか

トヨタ「カローラクロス」と日産「キックス」(写真:トヨタ自動車/日産自動車)

新型「カローラクロス」は、トヨタのSUVラインナップ中でも、コンパクトサイズの「ヤリスクロス」よりやや大きく、中級サイズの「ハリアー」よりも少し小さい。室内が狭すぎず、車体が大きすぎない、ちょうどいいサイズ感が人気だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

同様のクロスオーバーSUVでいえば、例えば日産の「キックス」も競合車種のひとつだ。車格的には、どちらかと言えばヤリスクロスのサイズに近いが、価格帯やおおまかなパッケージなどを考えると、十分にユーザーの比較対象になる。

そこで、ここでは、さまざまな角度で両車の特徴や性能などを比べてみることで、それぞれの商品性の違いや、どのようなユーザーに向いているのかなどを検証してみる。

2台の基本情報やグレード構成

現行モデルのカローラシリーズ。セダンの「カローラ」、ステーションワゴンの「カローラツーリング」、ハッチバックの「カローラスポーツ」に続く、SUVとして「カローラクロス」が登場した(写真:トヨタ自動車)

カローラクロスは、トヨタのロングセラー「カローラ」シリーズ初のSUVモデルだ。2020年7月のタイを皮切りに、台湾や北米など海外で先行発売。日本では、外観などを変更した国内仕様の販売が2021年9月14日に開始された。

カローラクロスのスタイリング(写真:トヨタ自動車)

外観は、前後フェンダー部を張り出させたワイド感あるボディラインなどの採用で、SUVらしいダイナミックなフォルムに仕上げている。また、ほかのカローラシリーズと同様、フロントバンパー下部に大型グリルを装備するトヨタ独特の「キーンルック」を採用。フロントのエンブレムも海外仕様が「トヨタ」マークなのに対し、国内仕様はカローラの象徴である「C」マークとすることで、歴史と信頼性あるシリーズに属するモデルであることを主張する。

ラインナップには、1.8Lガソリン車と同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車を設定する。駆動方式は、ハイブリッド車が2WD(FF)と4WD、ガソリン車は2WDのみだ。グレード体系には、ハイブリッド車が2WD・4WDともに3グレード(G、S、Z)、ガソリン車には、それらにエントリーグレード(G“X”)を含めた全4グレードを用意する。

キックスのスタイリング(写真:日産自動車)

一方のキックスは、2020年6月30日(発表は2020年6月24日)に10年ぶりのブランニューモデルとして発売された。ラインナップは、1.2Lガソリンエンジンで発電し、駆動用モーターで走行するハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車のみ。従来から「ノート」や「セレナ」に採用され高い評価を受けたe-POWERは、グローバル市場における市販車の電動化を推進する日産が、BEVと並び中核に据える電動化技術だ。

次ページボディサイズや扱いやすさは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT