9月の株式相場は、波乱になるのか?

【今週の相場】アメリカの金利をどう見るか

アメリカでは、S&P500種指数が史上初の2000ポイントに乗せた。トレーダーの顔もほころぶ(ロイター/アフロ)

アメリカ株は、業績相場に移った

3連休を控えた週末8月29日のニューヨーク株は、良好な景気指標を好感し、反発しました。すでに直前の8月26日には、企業業績を素直に好感、S&P500種指数は史上最高の2000ポイントに乗せています(終値ベース)。

好材料は「引き締め懸念」で、悪材料は「緩和継続期待」で相殺されていた「金融相場から業績相場への過渡期の特異な相場」は終わり、材料に素直に反応する業績相場に入ったようです。

日本最強の個人投資家応援サイト「会社四季報オンライン」では、「会社四季報」秋号の発売まで待てない投資家のための情報が満載!

株価の決定要因で一番重要なのは業績です。しかし、株価が業績に左右されるのは当然で、われわれが言う「業績相場」とは、個々の企業「業績」を言っているのではありません。

「業績相場」とは、故浦上邦雄氏(元日本興業投信首席顧問など、当時)が唱えた、相場サイクルの一場面です。氏は相場のパターンを金融相場、業績相場、逆金融相場、逆業績相場の4つに分け、それが四季のようにめぐり、元に戻るという、「サイクル論」を唱えました。

このうち業績相場は、一般的には、金利などの要因よりも、企業の全般的な業績拡大を要因として、株価が上昇する局面のことをさします。

次ページアメリカの金利に対する、筆者の見方とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT