9月の株式相場は、波乱になるのか?

【今週の相場】アメリカの金利をどう見るか

さて今週の株価ですが、内外ともに重要なイベントが目白押しです。

日本は財務省が発表する法人企業統計(9月2日)、日銀金融政策決定会合(3日~4日)、アベノミクスの本丸では組閣(内閣改造、3日)もあります。海外は中国製造業PMI(1日)、アメリカは週末に雇用統計(5日)と、重要な経済指標で息つく暇もありません。

意外に底堅い9月相場になる

3連休明けから投資家が戻り、本格的な秋相場がスタートするアメリカですが、「業績相場入りした」と考えるなら、一部に言われている「売りから始まる相場」にはならないと思います。

日本でも前週末の8月29日の日経平均株価は、25日移動平均(29日現在1万5397円)を瞬間的に割れる場面もありましたが、すぐに回復(終値は1万5424円)し、下値の底固さを示しています。

去就が注目された石破茂幹事長の入閣も濃厚で、内閣支持率も下がりそうもありません。またGPIF(年金積立管理運用独立行政法人)の運用比率の見直しもあり、意外に底固い9月相場になるのではないかと思っています。

今週の日経平均のレンジは、1万5250円から1万5750円程度と予想します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT