懐かしい「子供番組」の歴史で見えたテレビの課題

動画配信時代に埋没しないために必要なこと

子ども番組の歴史をたどります(写真:jessie/PIXTA)
テレビが家庭に1台だったころ、子ども番組は各局のタイムテーブルに溢れていた。親子で一緒に見る番組、子どもたちがちょっと背伸びをして見る番組、憧れの参加型番組など、子どもの学びと成長に寄与するような番組の数々は、放送史上貴重な財産である。本稿でぜひ振り返ってもらいたい。

テレビは子どもとどう向き合ってきたのか

子ども時代はあっという間に過ぎてしまう。人生のなかでもごく一部でしかないが、多くのことを吸収する大事な時期だ。親など家族から学び、学校や世間、書籍やテレビなどのメディアからも学ぶ。

では、子どもたちの成長にかかわるテレビ自身は、子どもたちとどう向き合ってきたのだろうか。

『GALAC』2021年12月号の特集は「少子化時代の子ども番組」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

NHK東京テレビジョンは、1953(昭和28)年2月1日午後2時に開局した。テレビ契約台数がわずか866というなか、さっそく午後6時30分から「子供の時間」が放送された。童謡歌手の古賀さと子らが出演するバラエティ形式の30分だったという。

この「子供の時間」は、NHKがラジオでも用いた番組名で、ラジオのほうも東京放送局の本放送開始日の1925(大正14)年7月12日に始まっている。東京・名古屋・大阪の3放送局が合併して現在のNHKとなった翌1926年9月には午後6時開始に固定されており、ラジオ開始の段階で、午後6時台が「子ども中心の時間帯」として定着していたことになる。

この編成方針は、民間放送でもほぼ同じだった。1953年8月開局の日本テレビは、翌週31日月曜日から、日中の放送休止明けの午後5時30分に「テレビ子供新聞」「テレビ動物園」や人形劇などを開始。こちらは直接の競合を避ける意味もあったのだろう。午後6時台には娯楽番組を多く並べた。1955年開局のラジオ東京テレビ(現TBSテレビ)は、平日の日中休止明け午後6時10分からを影絵劇や人形芝居、短編映画などを揃えた。

1959年にNETテレビ(現テレビ朝日)とフジテレビが開局しても、大きくは変わらない。特にNETでは、午後6時57分から連日、気象情報に大人も子どももないとは思うが「こども天気予報」を放送している。

この年はNHK教育テレビも開局。皇太子ご成婚などをきっかけにテレビが飛躍した年とされている。読売新聞は他紙に先駆けて番組表をテレビ主体の配置に変えた。当時の番組表を見ると、午後6時台から10時台までが同じ行数(教育テレビのみ小さい番組表)で、この扱いは1960年代後半まで続く。

“子どもの時間”が主要な位置を占める時代はたしかにあった。そして、子ども向けといえる番組群が午後7時台までの2時間のなかで数多く制作されていく時代が始まった。

次ページ初の本格的テレビ映画となった「月光仮面」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT