銃誤射で2人死傷「人気アメリカ人俳優」の悲劇

原因は「映画の予算削減」のせいという見方も

銃の誤射により2人が死傷した事件を起こした「アレック・ボールドウィン」とはどんな人物か?(写真:MEGA/Getty)

ハリウッド俳優のアレック・ボールドウィンが、人生最大の危機に直面している。怖いもの知らずでキレやすく、敵も作ってきた彼は、過去にいくつもの騒動を起こしてきた。しかし、今回は洒落にならない。事故とはいえ、彼の手によって人がひとり死んだのだ。

撮影現場で起きた「とんでもない悲劇」

すでに広く報道されているとおり、その事件が起きたのは、彼が主演する映画『Rust』の撮影現場。「空です」と手渡されたにもかかわらず、アレックがかまえた銃から放たれた弾丸は、目の前にいた撮影監督ハリナ・ハッチンスの命を奪い、隣にいた監督ジョエル・ソウザを負傷させてしまったのである。

ショックを受けたアレックはその後しばらく泣いていたそうで、現在は、妻や子どもたちとヴァーモント州に身を隠している。

しかしそこにもパパラッチが押し寄せ、テレビも「このピザ屋にアレックはひとりで訪れた」とか「家族と一緒に歩いていた」など、彼の一挙一動を取り上げている状況だ。

しびれを切らしたアレックは、現地時間10月30日、ドライブ中に妻ヒラリアと一緒に車を降りてきて、追いかけてきたパパラッチらに対し、路上で短い質問に答えた。

ヒラリアの態度は攻撃的だったが、アレックは比較的礼儀正しい態度を貫き、最後は「子供たちが車の中で泣いている。こうやって答えたし、もう追いかけるのはやめてくれ」と懇願している。パパラッチ嫌いのアレックにしては珍しい態度で、そこからもことの深刻さが伺える。

今も事態は深刻を極める。この映画のプロデューサーも兼任するアレックは、捜査の結果次第では刑事事件の被告になる可能性もあるのだ。彼のキャリアは、この低予算のインディーズ映画で終わりを迎えてしまうかもしれないのである。

次ページ日本ではあまり知られぬ彼、一体どんな俳優か?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT