22年は世界の中銀が本格引締迫られる試練の年に

サービスへの需要増で雇用逼迫インフレ正念場に

世界的にリスク資産を脅かしているサプライチェーン危機はもう忘れた方がよい。 サービスセクターのブームが労働コストを押し上げ、各国・地域中央銀行がより断固たる姿勢で金融政策引き締めを迫られる来年は、本物の試練が訪れるかもしれない。

米ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズのマルチアセット責任者ポール・オコナー氏は、経済の再開が進む2022年には、米国でも他の地域でもサービス消費需要が既にタイトな労働市場をさらに逼迫(ひっぱく)させると予想。インフレを誘発するモノのサプライチェーンのボトルネックが和らいでも、市場が一息つくのは一時的にとどまりそうだ。

投資姿勢は債券は弱気、株式はニュートラル

オコナー氏はインタビューで、「今年われわれが経験したモノのボトルネックは、関係するあらゆる価格圧力と政策圧力を伴うサービスセクター・ブームという来年のビッグストーリーのドレスリハーサルにすぎない。それが中央銀行にさらに頭痛の種を提供する恐れがある」と指摘した。

オコナー氏は、ポートフォリオの投資配分で国債と投資適格債を引き続きアンダーウエートにしている。また22年の力強い成長見通しにもかかわらず、サービスセクター主導で金利設定が変われば「巻き添え」になりかねない株式のウエートは「ニュートラル」という。

原題:Markets Face an Even Bigger Inflation Test Next Year, Janus Says(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Eric Lam

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT