22年は世界の中銀が本格引締迫られる試練の年に サービスへの需要増で雇用逼迫インフレ正念場に

拡大
縮小

世界的にリスク資産を脅かしているサプライチェーン危機はもう忘れた方がよい。 サービスセクターのブームが労働コストを押し上げ、各国・地域中央銀行がより断固たる姿勢で金融政策引き締めを迫られる来年は、本物の試練が訪れるかもしれない。

米ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズのマルチアセット責任者ポール・オコナー氏は、経済の再開が進む2022年には、米国でも他の地域でもサービス消費需要が既にタイトな労働市場をさらに逼迫(ひっぱく)させると予想。インフレを誘発するモノのサプライチェーンのボトルネックが和らいでも、市場が一息つくのは一時的にとどまりそうだ。

投資姿勢は債券は弱気、株式はニュートラル

オコナー氏はインタビューで、「今年われわれが経験したモノのボトルネックは、関係するあらゆる価格圧力と政策圧力を伴うサービスセクター・ブームという来年のビッグストーリーのドレスリハーサルにすぎない。それが中央銀行にさらに頭痛の種を提供する恐れがある」と指摘した。

オコナー氏は、ポートフォリオの投資配分で国債と投資適格債を引き続きアンダーウエートにしている。また22年の力強い成長見通しにもかかわらず、サービスセクター主導で金利設定が変われば「巻き添え」になりかねない株式のウエートは「ニュートラル」という。

原題:Markets Face an Even Bigger Inflation Test Next Year, Janus Says(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Eric Lam

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT