数十万の投資セミナー受講を迷う人に欠けた視点 「儲かる方法を知りたい」という甘い考えはNGだ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
投資を始めようとする人向けに開催されるセミナー。しかし、中には参加費用が高額の投資セミナーも存在するといいます……(写真:Fast&Slow/PIXTA)

これから投資を始めようとする人たちからよく聞かれるのは、「まず何から始めればいいのか」ということだ。入門書を買いに本屋へ行っても投資に関する書籍が多すぎて選べないという意見も多く、その結果として、お金を払ってセミナーに参加するという人もいる。

たしかに専門家から教えてもらうのは簡単でいいよね、と思ったが、どうやら聞くところによると参加費用で数十万円かかるものもあるという。今回は数十万円するような高額投資セミナーについて書いていこう。

高額投資セミナーの種類

筆者自身も過去に高額投資セミナーに参加したことがある。2018年に金融教育ベンチャーのマネネを創業するにあたり、高額の投資セミナーはどのようなことを教えているのかを知りたかったからだ。

この連載の記事一覧はこちら

とはいえ、実際に数十万円の参加費用を払うことはなく、無料体験ということで数時間にわたるセミナーを受講した。また、仕事柄、個人投資家の方や投資に興味がある学生と話すことも多いので、実際に高額投資セミナーに参加していた経験者の話をいくつも聞いてきた。

実体験やこれまで聞いてきた話を総括すると、主に高額投資セミナーは以下の4種類に分類できると考えている。

① :カリキュラムが用意されており、数カ月~半年の期間で教科書を基に授業を受ける。
② :1対1でカウンセリングを受けながら、数カ月~半年の期間で投資のノウハウを教えてもらう。
③ :セミナーは1回だが、その後に懇親会が用意されており、講師と参加者でSNSグループを作ってコミュニティーを生成する。その後はSNSなどを使いながらフォローアップや情報提供が行われる。
④ :定期的にメルマガが届き、メルマガ受信者のうち希望者数が一定数に達する度にセミナーが開催される。

有料の投資セミナーと聞くと、それだけで怪しいと思う方もいるかもしれないが、①や②のケースはセミナーが開催されなかったなど詐欺だったということは聞いたことがない。一方で、③や④のケースで中には、予定されていたセミナーが開催されない、ある時期から音信不通になることもあるようだ。

次ページシンプルに仕組みを考えよう
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT