能弁の渋沢栄一を丸め込む「大隈重信」驚く説得術 頭が切れるだけでなく「胆力」も併せ持つ

拡大
縮小
早稲田大学の創設者でもある大隈重信とはどんな人物だったのでしょうか(写真:route134/PIXTA)

「青天を衝け」は、実業家・渋沢栄一を主人公にした大河ドラマであるが、物語は幕末から明治時代へと進み、新たな登場人物が現れる。その1人が、俳優の大倉孝二が演じる大隈重信である。

大隈は早稲田大学の創設者として有名であるが、その生涯は政治に捧げられたといっていい。外務大臣・内務大臣など要職を歴任したのみならず、総理大臣を2度務めたことからも、そのことがうかがえよう。何より、晩年の大隈自身が「その生涯はことごとく政治に捧げて来たのだ。(中略)極言すれば、政治はわが生命である」(『新日本』)と述べている。

明治政府への仕官を渋る渋沢を口説き落とす

さて、その大隈、前述のドラマにおいては、渋沢を凌ぐ多弁として描かれている。大声で「日本を創る場に立ってほしいのである」と、明治新政府への仕官を渋る渋沢を口説き落とす場面が印象的だ。

大正時代に録音された「憲政における世論の勢力」(大正4<1915>年)という大隈の演説が残っているが、その音声を聞いた限りでは、淡々としていて、それほど、能弁・多弁の印象は受けないが、同時代の人からは「冗舌」との評価を受けている。 

ちなみに、先の演説においては、大隈は語尾に「あります」との言葉を多用している(大隈の口癖としては「あるんである」が有名である)。

それはさておき、明治2(1869)年、新政府に仕えよと命じられた渋沢だが、商法会所(静岡に設立された金融商社)の仕事がようやく緒につき、面白くなってきていた矢先であった。

しかも、新政府は、徳川の世を打倒した相手。最後の将軍・徳川慶喜に仕えていた渋沢としては「新政府など何だ」との想いもあったのであろう。仕官の話を拒絶しようと、東京に出向く。そして、大蔵省の次官ともいうべき大蔵大輔の立場にあった大隈に面会するのである。

次ページ渋沢を上回る能弁
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT