iPhone熱狂の裏で進むアップル“閉鎖”主義


閉鎖性こそ哲学

このままアップルが閉鎖性を強めれば、アプリ開発者などが、プラットフォームとしてはより自由度が高いとされるAndroidへ流れていく可能性も考えられる。すでに、米国などでは複数の著名開発者がブログなどで、「アップル撤退」を表明。また、米メディアの報道によると、米公正取引委員会(FTC)がアップルの携帯電話事業について調査を検討中という。

一方「アップルはこれまでも垂直統合型のビジネスモデルを築いており、閉鎖的であることこそ経営哲学。グーグルのように皆が共通で使えるソフトをオープンに提供する考えはない」(ABIリサーチのアナリスト、マーク・ベッキュー氏)との指摘もある。

こうした中でアップルが最終的に目指すのは「自社と差別化できる技術の確立」(米調査会社ガートナーのアナリスト、レイ・バルデス氏)。そのうえで、その技術を多くのプラットフォームへ提供していくこともできる。その代表例が音楽配信サービスの「iTunes」。もともとMac向けソフトだったが、Windows向けにも提供することで爆発的に広がった経緯がある。

閉鎖的な環境の中で革新的な独自技術を確立するだけでなく、それをテコにほかのプラットフォームへの進出も狙う--。独自路線をひた走るアップルの勢いはどこまで続くのか。
(倉沢美左 写真:吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。