iPhone熱狂の裏で進むアップル“閉鎖”主義


 もともと2007年発売のiPhone初代機からFlash対応していなかったが、業界では将来的な対応が見込まれていた。ところが、今年発表のiPadやiPhone4もFlashへの対応はなかった。
 
 それでもアドビは昨年10月に、Flashを使ったアプリをiPhone用に「変換」できるソフトを配布し、何とか食い込もうとしてきた。だが今年4月、その道も絶たれる。アップルが新OSの開発規約を変更し、事実上同社のソフトなどアップルが承認する以外の他社ソフトが使えなくなってしまったのだ。

さらに4月下旬には、アップルのスティーブ・ジョブズCEOが公開書簡でFlashの技術的弱点などを理由に“訣別”を宣言。Flashの代替として次世代開発言語「HTML5」を強く推す。

対するアドビは「開発者の選択を狭める」として対抗キャンペーンを展開。同時にアンドロイドなど競合端末でのFlash搭載を始めるなど、対抗姿勢を強めている。

過去にはアップルがアドビに出資していたこともあるなど、両社は長年に渡って友好的な関係を築いてきた。依然、アドビにとってアップルの「Mac」ユーザーは主要顧客なだけに、アドビがアップルに対抗するのは複雑な思いがあるに違いない。
 
 それでも、アドビのテクニカルエバンジェリストの太田禎一氏は、アップルが特定技術を開発者に要求することで「開発者が(アプリなどを)オープンに色々なプラットフォームに出せなくなる」と、苛立ちを隠さない。

もとよりアップルは「アプリを開発するうえでの規約や審査が厳しい」(IT企業幹部)とされ、開発者にとってハードルの高いところがあった。加えて「ジョブズ氏の意向によって一晩で開発規約が変わり、自分のアプリが使えなくなる可能性があるのは開発者にとって脅威的だ」(同)ともされる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。