苦境のヨーカドー再生に挑むヒューリックの秘策

駅前の巨大モールと競合しないための工夫とは

長方形の建物と比べ、正方形のフロアは各店舗区画の奥行きが広くなり、テナントによっては面積を使い切れない懸念があった。そこで、大型店舗を展開するテナントに照準を定めて誘致することに。2階フロアにダイソーやABCマート、ニトリの「デコホーム」などが入り、1階には500坪以上の大型店舗の出店に注力している無印良品が進出した。

「ラゾーナ川崎」とは戦わない

特徴的なのは、リコパ鶴見に入居するテナント計33店舗の中にアパレルブランドが見当たらないことだ。衣料品部門が苦戦したヨーカドー時代の反省を踏まえただけでなく、リコパ鶴見の立地も関係している。

横浜市鶴見区に立地するリコパ鶴見だが、半径5㎞圏内には川崎駅があり、駅に接続する「ラゾーナ川崎」を筆頭に大型商業施設がひしめく。アパレルブランドを豊富に取り揃えた商業施設と太刀打ちをするのは難しいと判断し、商圏を半径2㎞に定めて生活必需品に品ぞろえを特化したのだ。

商圏内の人口は約18万人で、主流は30~40代のファミリー層だ。そこで学童保育や英会話教室、体操教室など、子どもを対象とするテナントを誘致。館内に子ども向けの遊具も設置し、ファミリー層の来店を促した。ヨーカドー時代はシニア層が来店客の中心だったが、域内の主力層に照準を合わせた形だ。

広い屋上駐車場は、半分をバーベキュー場やフットサルコートとして外部に賃貸(記者撮影)

テナントの入れ替えに加えて、細かな部分でも収益を捻出できるようにした。ヨーカドー鶴見店時代は679台もの駐車区画があったが、郊外店舗とはいえ車離れが加速する中では過剰だった。そこで132台分の駐車スペースをバーベキュー場やフットサルコートとして賃貸し、23台はカーシェア用の自動車を配置した。

このような再生策を駆使したことで、オープン後2週間の客数は想定を超えて推移しているという。ほかにも、川崎店などほかのヨーカドー店舗の改装も検討し、高収益店として生まれ変わらせようとしている。

次ページ利益は見込めるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT