この命、義に捧ぐ 門田隆将著

この命、義に捧ぐ 門田隆将著

副題は「台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡」だが、終戦直後の内蒙古で「在留邦人4万を救った」前段も読み応えがある。

武装解除命令を拒否した根本駐蒙軍司令官は、ソ連軍との死闘を通じて在留邦人を帰国させた。武装解除して率先帰国し民間人を見捨てた関東軍とは対照的だが、このときの根本の言動が本題への重要な伏線となっている。

蒋介石のいわゆる「徳をもってせよ」発言に恩義を深く感じた根本は、昭和24年、国共内戦で敗色濃い蒋を座視できず死を覚悟して台湾に密航する。

密航の準備と決行、優れた戦略家でもあった根本の作戦が奏功し金門島で国府軍が完勝する戦いの細部、根本や湯恩伯最高司令官の功績が歴史から抹消された後日談、どれも興味深い。

日台双方の軍人や関係者の遺族を追跡調査して構成された秘史は、ドキュメンタリーとして出色の質の高さであり、根本の人間像が何より魅力的で、「義」についてあらためて考えさせられる。(純)

集英社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。