歴史が暴く「インフレなら経済成長」という妄信 インフレ率と経済成長には「複雑な関係」がある

拡大
縮小

この考え方はインフレと経済成長との間に、相関関係のみならず因果関係があることを前提にしています。しかしその因果関係については、まったく検証されていません。特にインフレとデフレの歴史を紐解くと、この説には強い違和感を覚えざるをえません。

世界の歴史を振り返ってみても、インフレではなかったのに生産性が向上した事例、もしくはデフレだったのに生産性向上ができた事例は見つからないのでしょうか。もしもこういった事例が十分にあるのであれば、「インフレにならないと生産性向上はできない」とする説は、崩壊する可能性が高いと言えます。

何百年も続いていた「良いデフレ」の時代

アメリカの消費者物価指数は1635年まで遡ることができます。イギリスは1750年からのデータがあります。

アメリカでは1635年から1934年までの300年間、平均インフレ率は0.17%でした。イギリスは1750年から1934年までの間、0.62%でした。同じ期間のアメリカは0.40%でした。生産性は後ほど確認しますが、この時期には先進国の経済が急拡大しています。そうであるにもかかわらず、インフレ比率は異常なほど低かったのです。

次ページインフレでなくても生産性が向上していた時代
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT