住みよさランキング 2010年版--カテゴリー別ランキング・「富裕度」は浦安・武蔵野・みよしがトップ、「安心度」は奄美

住みよさランキング 2010年版--カテゴリー別ランキング・「富裕度」は浦安・武蔵野・みよしがトップ、「安心度」は奄美

東洋経済が発表する「住みよさランキング」では、総合評価→詳細とともに、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーにおいてもランキングを行っている。

「利便度」は新宮(和歌山)、「住居水準充実度」は珠洲(石川)が昨年に続き連続1位

まず「利便度」は、新宮市(和歌山)が昨年に続き1位となった。新宮市は紀伊半島の南部に位置しており、和歌山市のほか隣接する三重県・奈良県の中心部からも大きく離れているため、紀伊半島先端地域や三重県南部を含む熊野地方の中心都市となっている。人口は約3万3000人だが、市内には2つの大型ショッピングセンターを擁しており、これが最大の要因となっている。

2位以下の都市の特徴としては、県庁所在地や人口の多い都市に近接し、大型ショッピングセンターなどの商業施設が立地しているという点が挙げられる。


トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。