「本当は働きたい」願望に火をつける

主婦のパートタイム派遣で急成長

 

インターテックで営業事務の仕事をする主婦、岸田直美さん(撮影:ヒダキトモコ)

今や「しゅふJOB」によって、主婦派遣を導入したいという企業は後を絶たない。中小企業ばかりでなく、大手企業からも問い合わせが相次ぐ。ビースタイルは、創業から11年目の13年6月期には売上高37・8億円、営業利益は1・3億円と過去最高益を記録。14年6月期も売上高43億円と順調に伸ばした。さらなる基盤固めに向け、人材の前倒し採用や新規事業への投資も行う。エンジニアを採用し、オペレーションのデジタル化も進める。株式公開については考えていない。

目下、社会の注目は、主婦活用に集まっている。「社会は今年がようやく元年という感じ。10年くらい先がけてやってきたが、これまで道を切り開いてきたという自負がある。参入が増えても負けることはない」。三原氏はそう胸を張る。目標は売上高1兆円と高く掲げる。「社会が抱える課題をビジネスで解決していきたい」とがぜん強気だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT