モードとエロスと資本 中野香織著

モードとエロスと資本 中野香織著

本来、モードを牽引してきたのは、宮廷に仕える女性の気をひくために開発されたドレスや宝飾品などの贅沢品だった。そして、それらを扱う商人が台頭することによって大資本が形成されていったのが、ファッション界の歴史だという。

ところが、世界的な不況を迎えた現在、服を売るための過大な「恋愛幻想」は薄まり、多様な価値観を生み出しているというのが本書のキモ。たとえば、エコを売りにするブランド。ユニセックス化する男性服。ファスト・ファッションと手を組む一流デザイナー。マンガのキャラクターを模したモードの出現など。

ファッションから見た社会の変化を、服飾史家の著者がつぶさに分析する。

集英社新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT