中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

戦国時代、村では「領主は当座の者、百姓は末代の者」といわれていた。領主は変わるが百姓は変わらない、土着の百姓はあくまで庇護される存在だった。

そうした百姓たちが拠点とした村の生活とはどのようなものだったのか。百姓自身によって定められていた「村掟(むらおきて)」からは、犯罪の疑いがあれば、厳しく確かめもせずに被疑者を死刑や追放刑に処す、粗野な村の日常が浮かび上がる。

こうした過酷な村の掟は、やがて人と村を大切にする方向へと変化する。惣作というシステムによって村の衰退を支え、惣堂に結集して成長していく。

日本中世史の専門家が、したたかでたくましい中世民衆の喜怒哀楽を丹念に描く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT