中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

戦国時代、村では「領主は当座の者、百姓は末代の者」といわれていた。領主は変わるが百姓は変わらない、土着の百姓はあくまで庇護される存在だった。

そうした百姓たちが拠点とした村の生活とはどのようなものだったのか。百姓自身によって定められていた「村掟(むらおきて)」からは、犯罪の疑いがあれば、厳しく確かめもせずに被疑者を死刑や追放刑に処す、粗野な村の日常が浮かび上がる。

こうした過酷な村の掟は、やがて人と村を大切にする方向へと変化する。惣作というシステムによって村の衰退を支え、惣堂に結集して成長していく。

日本中世史の専門家が、したたかでたくましい中世民衆の喜怒哀楽を丹念に描く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。