中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

中世民衆の世界 村の生活と掟 藤木久志著

戦国時代、村では「領主は当座の者、百姓は末代の者」といわれていた。領主は変わるが百姓は変わらない、土着の百姓はあくまで庇護される存在だった。

そうした百姓たちが拠点とした村の生活とはどのようなものだったのか。百姓自身によって定められていた「村掟(むらおきて)」からは、犯罪の疑いがあれば、厳しく確かめもせずに被疑者を死刑や追放刑に処す、粗野な村の日常が浮かび上がる。

こうした過酷な村の掟は、やがて人と村を大切にする方向へと変化する。惣作というシステムによって村の衰退を支え、惣堂に結集して成長していく。

日本中世史の専門家が、したたかでたくましい中世民衆の喜怒哀楽を丹念に描く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT