今からアメリカ株をどうやって買ったらいいのか

投資初心者のアメリカ株との「付き合い方」

今からアメリカ株を買っても間に合うのか。個人投資家はどう向き合ったら成功するだろうか(写真:まちゃー/PIXTA)

アメリカ株投資がブームだ。アップル、アマゾン、アルファベット(グーグルの親会社)、フェイスブックなどの会社は、日本人の日常生活にも深く食い込んでいてなじみがあるし、アメリカ株は1株単位の少額から投資できるので、個人投資家が手がけるのも気楽だ。

1990年以降NYダウは13.5倍、日経平均はマイナス

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

そして、何よりも過去のパフォーマンスが優れていたことが大きい。1990年をスタートにすると、日経平均株価が約26%下がっているのに対して、NYダウは13.5倍にもなっている。

筆者のような理屈っぽい人は、「過去のパフォーマンスは、あくまでも過去のもので、将来のパフォーマンスの予測とは無関係です。過去のパフォーマンスで投資対象を選ぶのは利口ではありません」などと言うわけで、これはこれで意見としては正しいのだが、過去のものであっても、現実の値上がりは、投資家にとって魅力的に映る。

『週刊東洋経済』9月6日発売号は「米国株超入門」。紙版はこちら、電子版はこちら

実は、「-26%」と「13.5倍」という日米の株価の比較は、『週刊東洋経済』9月11日号の「まだ間に合う米国株超入門」という特集の冒頭に置かれたマンガの中で紹介されていた数字だ。

日経平均の最高値は1989年末の3万8915円なので、1990年スタートは比較上不利なスタート時点だが、圧倒的な差だ。

さて、「もうは、まだなり」と対句で「まだは、もうなり」という相場格言がある。アメリカ株投資は、本当に「まだ間に合う」のだろうか。

筆者の結論は「長期投資なら、当然、まだ間に合う」なのだが、個人投資家は、アメリカ株投資についてどう考えたらいいか、どのように投資したらいいか、について書いてみる。先の特集記事とあわせて読んでいただくと、参考になるだろう。

次ページS&P500「1択」でいいのだろうか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT