低炭素社会 小宮山宏著

低炭素社会 小宮山宏著

「低炭素社会」とは、「化石燃料の燃焼などによるCO2の排出をできるだけ減らした社会」、言い換えれば「エネルギーをできるだけ無駄にしない社会」のことを指す。

エネルギーをどこでどれだけ減らせるか。著者の削減案の核心は、全体の半分以上を占める「日々のくらし」に使われるエネルギーを現在の2割にとどめようというもの。いいことずくめの高断熱住宅、お湯づくりの常識を変える、日本に最適な太陽電池、1人乗り小型自動車の導入、産業輸送も長距離物流は鉄道へ、ほか、具体的に「正しい減らし方」を提示する。

化学工学専攻で環境技術の第一人者の前東大総長による、理詰めながら明快平易に書き下ろされた啓蒙書。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT