東武東上線「北池袋から中板橋」には何があるのか

池袋―成増間「普通しか停まらない駅」の持ち味

大山駅のすぐ脇には踏切。駅はにぎやかな商店街に直結している(撮影:鼠入昌史)

日常的に東武鉄道を使っている人は、おおまかに2つの“派閥”に分かれることになる。もちろんスカイツリーライン(伊勢崎線)派と東上線派だ。そして今回の主役は、東武東上線である。

東武東上線は池袋駅を起点に一路西へ、埼玉県南西部を駆け抜けて寄居駅までを結んでいる路線だ。和光市駅からは東京メトロ有楽町線・副都心線との相互直通運転を行っており、その点をもって普段から東上線を使っていない人にとっても馴染みがあるだろう。少なくとも、東上線の最大の威力は地下鉄の直通にあるといっていい。

地下鉄と直通しない区間

ところが、そんな中でいくらか存在感を薄めてしまっている区間がある。池袋―成増間、ターミナルに近いにもかかわらず地下鉄からの直通電車がやってこない区間だ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

豊島区から板橋区までを抜ける区間で沿線には住宅がひしめく大都会のベッドタウン。利用者はずいぶんと多いと思うが、直通電車も走らないし池袋・成増以外は各駅停車しか停まらない。これといった観光地もないようだし、日常的な利用者以外にとってはとんと馴染みが薄い区間なのだ。

いったい、池袋―成増間には何があるのか。とりわけ快速や急行が通過する北池袋駅から下赤塚駅までの8駅。住宅ひしめく中を駆け抜ける東上線のこの区間、もしかするとここにこそ“東上線らしさ”が詰まっているのかもしれない。

次ページ「都心に近いのに住みやすい」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT