電車が運んできたキャベツはなぜ「おいしい」のか

東武・京急が実証実験、「朝採れ」を都市部へ直送

東武鉄道の実証実験。森林公園駅から池袋駅へ野菜を電車に載せて運ぶ(記者撮影)
この記事の画像を見る(27枚)

東武鉄道は6月15日、東武東上線沿線の農産物直売所で売れ残った野菜を池袋まで鉄道で輸送する実証実験を始めると発表した。3月に実施した「食品ロス削減」を目的にした実験の第2弾で、輸送量を増やして事業性を確認し、本稼働につなげたい考えだ。

直売所の野菜を池袋へ

2回目の実証実験は6月21日から7月末までの月・水・金曜日を予定する。プロジェクトの名称は「TABETEレスキュー直売所」。食品ロス削減アプリを手がけるベンチャー企業「コークッキング」や東松山市、JA埼玉中央、大東文化大学と連携する。農産物直売所で売れ残った野菜をコークッキングが買い取り、東武鉄道が電車で輸送。池袋駅で販売する仕組みだ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

前回の実証実験は3月18日から同月末まで毎日実施した。初日はキャベツ、ニンジン、菜花、のらぼう菜、かき菜、ほうれん草など。東松山市の農産物直売所「いなほてらす」で閉店後に売れ残った野菜を、森林公園16時58分発、池袋17時49分着の快速急行(50090型)の先頭車両に積んで輸送した。池袋では仕事帰りの買い物客が南口地下1階イベントスペースの売り場に列をつくり、計43セットが30分で完売した。

2回目の実証実験も使用列車は前回と同じだが、輸送量を増やすため、いちばん前のドアからの乗降はできないようにする。コークッキングによると、実験結果を踏まえ、本稼働に関する産官学連携協定を8月初旬に締結する予定だ。

次ページ“売れ残り”でも新鮮
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT