6歳でもわかる「借金」親が教えるべきお金の事

「借金」の怖さを子どもに説明できますか?

次の日のことでした。直也くんがお母さんに言いました。

「今日は、僕が母さんに、チョコを貸してあげる。僕が4個で、お母さんが6個ね。そのかわり、明日は僕に7個ちょうだい。これでいいんだよね」

直也くんは、貸して増やすということを覚えたようです。幼い子どもに「利息」ということを教えるのは、かなり大変です。けれど、なんらかの方法で、人から借りたものは必ず返さなくてはいけないということと、借りたらお礼をつけて返さなくてはいけないということは、大人になる前にしっかりと教えておいた方がいいでしょう。

そうしたことが身についていないと、欲望のままにお金を借りる、我慢ができない大人になってしまうかもしれません。そして、借りたお金が返せずに借金だらけの人生になると、子どもは不幸になります。

借金をせずにやりくりする習慣をつけよう

子どもがもう少し大きくなって、実際に「お金を貸して」と言ってきたら、返済利息を書き込んだ借用書を用意してサインさせ、借りたお金よりもたくさんのお金を返させることをしてみましょう。

『親が子供に教える一生お金に苦労しない12の方法』(中公新書ラクレ)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

その場合、返済は月々にもらえるお小遣いの中から、もらえる額を減らすという方法で行うといいでしょう。それが頻繁に続くようなら、小遣いが借金で消えてしまうこともある。

もらえるはずだった小遣いが、予想した以上に減ってしまったり、もらえなくなったりしたら、子どもはお金を借りるということがどんなに損なのかがわかるし、安易に借りることの恐ろしさも理解するはずです。

たぶん大人になれば、誰もがさまざまなお金のトラブルに悩まされることでしょう。それは避けては通れないことかもしれません。

ただ、自分の手元にあるもので何とか我慢してやりくりするという習慣が身についていれば、トラブルに遭ってもそれほど被害も大きくなく、乗り越えていくことができるのではないでしょうか。

子どもには、お金を借りなくては生活できないような大人ではなく、できれば、人に貸せるくらいの余裕を持てる大人になってほしいものです。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT