中国の車載電池「CATL」海外販売が拡大する背景

BMW、トヨタ、ヒュンダイなどがこぞって採用

CATLの2021年1~6月期の海外売上高は、半年で2020年の通年実績を上回った。写真は同社製の車載電池(CATLのウェブサイトより)

車載電池世界最大手の中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は8月25日、2021年1~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期の2.34倍の440億7500万元(約7480億円)、純利益は同2.31倍の44億8400万元(約761億円)と、大幅な増収増益を達成した。

注目すべきなのは、同社の海外売上高が1~6月期は約100億元(約1697億円)と、総売上高の2割を占めたことだ。CATLは近年、海外の自動車大手からの受注を順調に増やしてきた。顧客リストにはBMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)の「ドイツ御三家」や、日本のトヨタ自動車、韓国の現代自動車(ヒュンダイ)、イギリスのジャガー・ランドローバー、スウェーデンのボルボ・カーなどが名を連ねる。

これらの自動車大手は(現在もエンジン車が主力であり)、電気自動車(EV)の開発では新興の専業メーカーに遅れをとっていた。新型車の開発には一定の年月を要する。CATLは(自動車メーカーと)車載電池の供給契約を交わしても、車両が量産・販売される段階にならないと売り上げは発生しないため、成果が決算に反映されるまでタイムラグがある。

CATLが海外販売を開始したのは2018年。その年の海外売上高はわずか10億元(約170億円)だった。しかし、2年後の2020年には約8倍の79億元(約1341億円)に急拡大。さらに2021年1~6月期は、半年で2020年の通期実績を上回った。

欧州でのEV販売急増が追い風に

海外販売の好調の背景は、ここ数年、欧州市場でEVの販売が急速に伸びていることだ。国際エネルギー機関(IEA)の調査レポートによれば、2020年に世界で販売されたEVは約300万台。そのうち欧州市場での新規登録台数が140万台を占め、初めて中国を抜いた。なお、同年の中国の新規登録台数は120万台だった。

本記事は「財新」の提供記事です

現時点では、欧州には有力な車載電池メーカーが存在しない。欧州の自動車大手に電池を供給するサプライヤーは中国、日本、韓国のメーカーに集中し、なかでも中国企業同士が激しい受注競争を繰り広げている。CATLのほかにも、EV大手の比亜迪(BYD)傘下の弗迪電池や新興電池メーカーの蜂巢能源科技(SVOLT)などが、(受注拡大を狙って)相次いで欧州での工場建設に乗り出している。

海外販売の拡大とともに、CATLはグローバル市場の占有率も一段と上昇している。韓国の調査会社SNEリサーチのデータによれば、2021年1~6月に世界で生産されたEVに搭載された電池は容量ベースで114GWh(ギガワット時)と、前年同期の2.55倍に増加した。CATLはそのうち34.1GWhを占め、市場シェアは世界の3分の1に迫る29.9%に達した。

(財新記者:鄭麗純)
※原文の配信は8月26日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT